学校選びに迷ったら体験教室に参加しよう|お菓子やパンについて学ぶ

パティシエ

学校での注意点

専門学校では、バリスタに関する知識や技術の習得が可能です。しかし、さらなるスキルアップを目指したい場合は、専門学校での勉強にプラスして学ばなければいけません。アルバイトなどでも技術を磨くと良いでしょう。

カフェ

人気のバリスタになる

バリスタは喫茶店などにおいてコーヒーを淹れる職業を指す言葉で、同時にコーヒーの歴史や文化に通暁した専門家でもあります。独自の認定資格があり、プロを目指したり、趣味を深めたりといった様々な理由で多くの人が受験しています。

夢をかなえる

バリスタ

子供の時に、「将来はお菓子作りをする人になりたい!」というような夢を抱いていた人も少なくないでしょう。お菓子を作る職人のことはパティシエと呼ばれ、日本でも多くのパティシエが活躍しています。パティシエになるには、製菓に関する知識と技術が必要になります。趣味程度のお菓子作りであれば、専門的な知識や技術は必要ありませんが、プロとして活躍するのであればやはり知識と技術が必要です。そうでなければパティシエで食べていくことは出来ません。製菓に関する知識や技術というのは、独学で習得することは難しいです。よって、専門学校へ通うことが一般的です。専門学校では、基本的な知識から専門的な知識まで学ぶことが出来ます。また、実際にプロとして活躍している(活躍していた)パティシエが教えてくれますので、身になります。

製菓の専門学校では、お菓子だけではなくパン作りを学べるコースがあります。そのため、将来は自分でパン屋を開きたいといった人にも最適です。製菓の専門学校というのは全国に多数存在しています。それぞれの専門学校で学ぶことの出来る内容や学費などは違ってきますので、自分に合った専門学校を見つける必要があります。実習風景や、教室で学ぶ座学の内容など、実際にはどのような勉強をしているのか気になるかと思います。そのような場合には、体験教室に行ってみましょう。体験教室を開催している専門学校はいくつかありますので、気になる学校をいくつか訪れてチェックしてみるのも良いでしょう。ほかにも、各学校のホームページやパンフレットなども学校選びの参考にしましょう。実際に学校へ行くことで、学校の雰囲気を知ることが出来ます。楽しく学べる学校を見つけて、充実した学校ライフを過ごしましょう。